タグ:おでかけ ( 66 ) タグの人気記事
連戦連敗
日曜日は またしても東京競馬場へ。
G1レース(NHKマイル)開催日でしたが、
それほど混んでる印象はなく ちょうど良い感じ。

20140513-1.jpg

本日は、GWに東京競馬場で受けてきたセミナー「REXS」の
2回目に参加してきました (o*゜∇゜)o~♪
(この「REXS」は全2回の構成なのです。)

なんと2回目は、10時半~16時半までというスケジュール。
ほぼ1日中 競馬場に入り浸ってきましたよ~。
前回同様 ペットボトルのお茶が付いてくるだけでなく
さらに、豪華なお弁当まで付いてきました!!
「お昼ご飯代、浮いたね~♪」と、ホックホクです(笑)
↑ この後さんざん負け続け、JRAの売り上げに貢献する我が家 (-д-;)

今日も「競馬エイト(競馬新聞)」が配られ、セミナー開始です!
競馬のクラス(未勝利~G1)分けや馬具の説明 etc.
これまで知らなかったコトをたくさん教えてもらいました。
あと 東京競馬場内にある競馬博物館見学。
ゲスト(競馬ライター:辻三蔵さん)のマシンガントークもあり。
今回も盛りだくさんのセミナーでした。大満足です♪

セミナー最後はJRAさんが用意してくれた指定席(今回は6階)へ移動し
レース観戦です。もちろん馬券も買いましたよ~!

20140513-2.jpg

ターフビジョン(大型モニター)の真ん前でした☆
ゴール付近の様子は チョット見にくいのですが
モニターを見れば良いので、問題ありません (σ・∀・)σ

この日のメインレース、NHKマイルは
大方の予想通り 1番人気のミッキーアイルが逃げ切りました。

20140513-3.jpg

ダントツ人気だったため、買わなかったのですが
変な意地をはらずに 買っておけば良かった(苦笑)

20140513-4.jpg

私もだんなさんも かすりもせず・・・ (lll-ω-)
1レースも当てるコトなく、帰路につきました。ハァ~。

東京競馬場では、これから立て続けに
G1レース(オークス、日本ダービー)が開催されるので
楽しみが続きます!研究せねばっ ← 懲りてない
[PR]
by akari_s3 | 2014-05-13 10:00 | LIFE
ギャンブラーへの道
GWは あっと言う間に終わってしまいましたね~。
皆さん、どこか行楽地へ行かれたのでしょうか?
私はカレンダー通りの休日なので、4連休でした (-_-メ
ウチのだんなさんは10連休だったのですけどね・・・(怒)

4連休の初日、私たちが意気揚々と向かった先は・・・ 東京競馬場!
この日の私たちのメインの目的はレースではありません。
今日は「REXS」というJRAが無料で開催している
ビギナー向け競馬教室に参加して来ましたっ
無料だからと侮るなかれ。4時間もあります Σ(・ω・ノ)ノ

まずは、JRAオリジナルテキストを使用して
競馬の歴史やサラブレッドの話をサラッと。そして馬券の種類の説明。

20140508-1.jpg

教材として「競馬エイト(競馬新聞)」が付いてました♪
↑ 競馬新聞は買うと高いらしい。ちなみに、この「競馬エイト」は500円也。
ペットボトルのお茶と、次回以降使える入場券までもらえました☆
無料でこんなに特典付きとは、JRAさん太っ腹 ヽ(゚∀゚ヽ 三 ノ゚∀゚)ノ

特に興味深かったのは、競馬新聞の読み方。
イロイロな情報が詰まっているコトを知りました。面白い。

今まで「人気の馬だから」とか 「自分の知っている騎手だから」とか
そんな単純な理由で、適当に馬券買っていましたからね~。
そりゃ、当たる訳がないよなぁ (lll-ω-) しみじみ。

一通りレクチャーを受けたら、みんなで観戦席へ移動。
なんと指定席を準備してくれています!
ゆったり椅子に座って、観戦できました。快適~♪

20140508-2.jpg

私たちが座った指定席は5階にあり 場内が一望できました。
屋根はあるものの ほぼ屋外で、風が抜けて心地よいです。

この日のメインレース、青葉賞(GⅡ)の馬券を買おうと
競馬新聞と睨めっこ・・・ マークシートを塗りつぶします。
いつになく真剣ですよ~ (・∀・) 久しぶりに頭を使いました(笑)

20140508-3.jpg

サラブレッド、美しいです。
恐ろしいほど、引き締まってます。体脂肪率は何%なんだろう?

20140508-4.jpg

セミナー後は、レース終了後の「バックヤードツアー」があり
検量室や騎手の待機部屋(?)、パドックの中 etc.
普段見ることの出来ない舞台裏が見れちゃいました!

このセミナーは、2回目のセミナーを受けると「卒業」になります。
早速2回目のセミナーも申し込みました♪

肝心の成果ですが・・・ 私は1回も当らず。
だんなさんはメインレースだけ当てました。
それでも、大幅にマイナスです (ノ_-。) チェッ
※セミナーは競馬に関する基本的な情報を解説してくれるもので、
必勝法や予想を教えてくれるわけではありません。
セミナーの内容が悪いのではなく、私たちのカンが冴えないのです。

家から近いというコトで、東京競馬場には
年に1回くらい遊びにきますが、競馬は全くの初心者。
今後少し詳しくなったら、もっと競馬が楽しくなりそうです。
[PR]
by akari_s3 | 2014-05-08 13:15 | LIFE
日本選手権 観戦
先週の土曜日は、陸上の日本選手権を観に行ってきました!
男子100mで日本人初の9秒台が出るかもしれない期待と
会場が我が家から近いというコトもあり
初めて陸上の大会観戦です (o*゜∇゜)o~♪

20130611-1.jpg

会場である味の素スタジアム(味スタ)、
私の勤める会社が一部施工を請け負っていました。
新入社員研修で見学したなぁ (。-人-。) ← 遠い目

開場1時間前に だんなさんが味スタに到着したときには
既にS席当日券は売り切れ、
入場口は長蛇の列ができていたそう・・・
「良い席は無理だな~」と諦め気味でいたのですが
事前リサーチ&冷静な状況判断が功を奏し、
見事ゴール前の席をゲット!!ナイスだんなさんっ (・ω・)b
私はパン教室があったため、のんびり午後から合流(笑)

やり投げの村上選手 VS ディーン元気選手や
400mの金丸選手のスタート前恒例のダンス(準備運動?)、
箱根駅伝で名を轟かせた山の神・柏原選手、
女子100mのエース 福島選手 etc.
日本選手権だけあって、豪華選手目白押し♪

20130611-2.jpg

可愛かったのが、やり投げ等の投てき種目エリアで
ちょこまか走っていたラジコン(上の写真中段)。
陸連のキャラクターなのかライオンの運転手付。
投げ終わった円盤やら槍を乗せて、選手の元へ帰ります。

陸上の大会というのは トラック競技の他に
トラック内やトラック外でも並行して競技が行われるので
どこを見れば良いのか悩みます・・・ o(・_・= ・_・)o

そして、1番の注目レース「男子100m 決勝」の瞬間が!!

20130611-3.jpg

17000人の観客が静かに見守る中・・・ スタート!

20130611-4.jpg

あっ 山縣選手が序盤からリード。

20130611-5.jpg

山縣選手はそのままスピードに乗り、ゴール!!

20130611-6.jpg

9秒台突入とはなりませんでしたが
10秒11という好タイムが出ました ヽ(゚∀゚ヽ 三 ノ゚∀゚)ノ
日本歴代2位の記録(10秒01)を持つ高校生・桐生選手は2着。

山縣選手も桐生選手も まだ若いから、この先が楽しみですっ
両選手がガッチリと握手。清々しいですね~。

20130611-7.jpg

国内トップレベルの選手達を間近に見れて、楽しめました♪
それにしても陸上の大会に、こんなに観客が集まるとは驚きです!

だんなさん談 ↓
当たり前!日本で人気が無いだけで、世界的に見れば
陸上はオリンピックでも人気&花形種目なんだぞ ヾ(。`Д´。)ノ

うちのだんなさん、かつては陸上部員でした。
今では84.5kgで体脂肪率20%超えですけど(苦笑)
北京オリンピックの400mリレーで
日本が銅メダルを獲ったときにはTVの前で涙ぐんでいた・・・
なので私以上に日本選手権を満喫した模様。
[PR]
by akari_s3 | 2013-06-11 13:25 | LIFE
スリランカ たび日記 7
随分時間が経ってしまいましたが、
まだスリランカたび日記が続いております(苦笑)

シーギリヤ・ロックの次はアヌラーダプラという街に向かいます。

20120623-1.jpg

アヌラーダプラはスリランカ最古の都市で
紀元前5世紀から紀元11世紀の間 首都だったそう。歴史のある街です。
インドから持ってきた菩提樹の分け木があり、
熱心な仏教徒が参拝しに来ていました。

世界遺産、ルワンワリサーヤ仏塔。
白すぎ&綺麗すぎて、世界遺産という気がしない建造物でした(笑)
曇り空だったため、白い仏塔との境目が分かりづらい写真ですね。

20120623-2.jpg

ちなみに、膝上丈の短パンを穿いていた ウチのだんなさんは
入場口で係員に止められました Σ(゚д゚;)
仏教寺院は「肌の露出が多いのはNG」と知ってはいましたが
男性の膝上丈パンツもダメなのですね。なかなか厳しい。
(Tシャツは大丈夫でした。)
・・・で、露出を抑えるために 係員さんが渡してくれた
白い布を腰に巻いて見学です。

遺跡の周りには、お猿さん親子がいました。
日本では「サル」というと当然ニホンザルを思い浮かべるのですが
スリランカでは 南国チックなお猿さんがいます (・∀・)

20120623-3.jpg

次に向かったのはイスルムニア精舎というトコロ。
なんだか地味な雰囲気で・・・  写真は省略します (=ω=)
私達ツアー一行以外に外国人観光客はいませんでした。
ここでは、ラバーズと呼ばれている恋人同士の彫刻が見どころのよう。

20120623-4.jpg

↑ どことなく アンコール・ワットの彫刻と似ています。

この日の観光はこれにて終わり、後はホテルに戻るのみですが
「ジープに乗って、サファリ体験!」的なオプションに参加。
ちなみに このオプションに参加したのは、知的美人さんと私の2人のみ。
ウチのだんなさんは「俺、先にホテルに戻ってるわ~ (*・ω・)ノ」と・・・
「チッ デカい図体して、軟弱者め!」と思いつつ、
ご一緒した知的美人さんと スリランカのジャングルを堪能してきました☆

夕刻、だんだん陽が暮れてきた時間に、探検(?)開始ですっ
幌を取ったジープの後ろに乗ります。基本は立ち乗り。
道なき道を行くわけではなく、一応 道はありました。

20120623-5.jpg

出発直後は 他の車が数台前を走っていましたが、スグに離散。
孤独にジャングルの中を激走します!
振り落とされないよう必死で鉄製のバーを握りつつ写真を撮る・・・
かなりハードでした (lll-ω-)

このツアーの1番の目的は野生の象に遇うコト。
象を探して、ゴウンゴウン ジープに揺られ続けます。
そして、40分ほど車を走らせたとき、ようやく象発見!野生の象です!!
テンション上がりますっ (`∀´)

20120623-6.jpg

ドライバーさんが結構近くまで車を寄せるので、
実は若干ビビッてました (((゜д゜;)))
牙も付いてるし・・・ 勝ち目はないな、と。

ジャングルの中の小高い丘の上で、車から降り
綺麗な夕日を観賞。乾いた空気が心地良かったな~。

20120623-7.jpg

帰りは、国道に出て事務所(?)まで戻るのですが
その途中で 道路を横断する象の親子に会えました☆
道路を渡った先に水飲み場があるのだそう。

20120623-8.jpg

牙を持った大きい象から、お母さんと一緒に歩いている小象まで
見ることができました~♪満足、満足。

同じ地球上、日本から10時間も離れていない、この国では
日本人の私が考える日常とは かけ離れた生活・風景がありました。
地球って大きいのだなぁ。
[PR]
by akari_s3 | 2012-06-23 11:20 | LIFE
スリランカ たび日記 6
自宅のPCが壊れ、更新が滞っております・・・ (。-人-。)

さてさて、スリランカも3日目の滞在です。
この日は 遂に・・・
今回の旅のメインイベントとでも言うべき遺跡観光 (σ・∀・)σ
目指すは世界遺産『シーギリヤ・ロック』!!
TV番組(世界ふしぎ発見!)を見てから、行きたくて 行きたくて
恋焦がれていた遺跡なのです♪

シーギリヤ・ロックとは ジャングルの中に突如現れる岩山。
頂上部は地上から高さ195mあり、側面は断崖絶壁といった感じ。
そんな岩の上に、かつて宮殿が建てられていたのですっ

今から約1500年程前、王であった父を殺し
王位に就いたカーシャパ王が建てた宮殿です。
王位継承権が自分よりも優位であった弟に王位を奪還されることを恐れ
岩山の上に要塞のような居城を築いたのだとか。
それでも弟に攻められて、結局は自害したカーシャパ王・・・
11年間だけ この国の首都として機能していたシーギリヤは その後荒廃し
1875年にイギリス人が発見するまで、人々から忘れ去られていたそう。
何だか 諸行無常、栄枯盛衰という言葉が思い浮かびます

前置きが長くなりました・・・
さてさて ホテルを出て、車で走ること約20分。
シーギリヤ・ロックのチケット売り場に到着です。
くは~っ テンション上がってきましたよ!

入場ゲートを通ると・・・
長い1本道の正面に、どーんと聳えるシーギリヤ・ロック。

20120525-1.jpg

日差しが容赦なく照りつける中、195m上の頂上を目指しますっ
いざ シーギリヤ・ロックへ!

20120525-2.jpg

一歩、一歩、自分があのシーギリヤ・ロックの頂上に
向かっているなんて 夢のようです o(゜∇゜*o)(o*゜∇゜)o~♪

途中には「シーギリヤ・レディ」と呼ばれる
鮮やかなフレスコ画を見ることが出来ます。
1500年も前に描かれたとは思えないほど鮮やか。

20120525-3.jpg

豪華な装飾品を身に付けて、穏やかに微笑んでいます。

20120525-4.jpg

諸説ありますが、女官とも王の奥さんとも言われる女性達。
建造当初は500人も描かれていたそうですが、残っているのは18人。
もし王様の奥さんだとしたら、500人って多すぎでしょう (((゜д゜;)))

半分ほど登ったトコロにある「ライオンの入り口」。

20120525-5.jpg

階段の両脇にライオンの脚を模した彫刻があります。
建造当時は顔もあったと考えられています。
ライオンの口の中に入っていくようなデザインだったのでしょうか・・・

ここまで登ってくると、風が強くなってきます。
そして、この後かなり頼りない鉄製の階段を登っていきます。

20120525-6.jpg

太陽がガンガン照りつけますが、風があって心地よい。
しかも 心もとない階段に立ち、周囲を見渡すと・・・ この景色。

20120525-7.jpg

強風で飛ばされたら どうなってしまうのか (lll-ω-)
想像するとヒヤッとするので、なおさら暑くありません(笑)

そして・・・ 頂上に到着~!!

20120525-8.jpg

頂上は 沐浴場(プールのようなもの)まであり、
生活するのに必要な水はきちんと確保できるようです。スゴイですね。

見渡す限りジャングルが続き、風の音しか聞こえない この場所で
「狂気の王」と呼ばれた男は何を想い ここで過ごしたのか・・・

そんなコトを考えつつも
シーギリヤ・ロックの頂上に来て、テンションが上がっている私は
飛んじゃったり、ガイドさんとハイタッチしたりしてきました(苦笑)

20120525-9.jpg

スリランカは本当に自然が豊か。
360度見渡す限り、ジャングルです!

20120525-10.jpg

↑ 写真中央に見える白っぽい線は、入場ゲートから歩いてきた道で
これも遺跡の一部なのです。

は~っ シーギリヤ・ロック、大満足でした (・∀・)

このシーギリヤ・ロック、入場ゲートを通ると
その先に売店らしきものは一切なく、
飲み物を忘れると大変なコトになりますので、ご注意ください!
売店があるのは、シーギリヤ・ロックを下山(?)した出口です。
[PR]
by akari_s3 | 2012-05-25 17:45 | LIFE
スリランカ たび日記 5
2日目の観光を終え、ポロンナルワから
ホテルのあるシーギリヤという町に移動します。

20120514-1.jpg

周囲がすっかり暗くなった頃(19:00)
2・3泊目のホテルに到着しました~。
  同じツアーでも、申し込んだ時期によって
  ホテルの空室状況が変化するため
  私達夫婦だけが このホテルでした。
  仲良し姉妹さん&知的美人さんは一緒のホテルだったそう。

暗くて あまり周囲の様子は窺えませんが
コテージタイプの部屋でした。木製ドアを開けると・・・

20120514-2.jpg

おぉっ Σ(・ω・ノ)ノ 素敵じゃないの~!
ちゃんと明るいし。← 1泊目のホテルはかなり暗かった (-_-;)
気になるバスルームは・・・ あら、まぁ!広々&清潔。

驚くことに シャワーブースは半屋外になっており
(天井は細い梁が数本渡してあり、網戸が張られている)
外の空気が感じられ、換気扇要らずという仕組み。
予想外の快適さ!お湯も問題なく出ました。素晴らしい☆

ただ、部屋に 20cm程の白いトカゲが!!(ヤモリ?)
捕まえる勇気もないので、そのまま放置して眠りにつきます。
目を閉じると・・・

ホーホー  グーグー  カーカー
バサバサッ  ガサガサッ

周囲が大自然すぎて、
一晩中 動物たちの鳴き声が響いていました(笑)
天然BGMですね~ (・∀・)

だんなさんは 朝起きて、周囲を散策。
ホテル敷地内も緑がいっぱいですが、その周りは さらに緑!!
森が果てしなく続いて見えます。

20120514-3.jpg

遅れて起床した私も 朝食をとるためレストランに向かいます。
そこで このホテルの全貌が明らかになりました。
庭内にコテージが点在しています。
部屋数はさほど多くないようです。

20120514-4.jpg

途中、スタッフの人が屋根を指差して何か言っています。
「ん?」と、指差された方向を見ると・・・

20120514-5.jpg

なんと コテージの上に孔雀がとまっている!!
飾りじゃなく、野生の孔雀です。
さすがスリランカ。朝から驚かせてくれます(笑)

朝食も美味。
朝からカレーを食べられる人間ですが
スリランカでは 基本的に3食カレーなので、今日は
ワッフルとスクランブルエッグ、チキンソーセージなどをチョイス。

20120514-6.jpg

ちなみに紅茶が有名なスリランカですが、
コーヒーは「薄い。美味しくない (lll-ω-)」(だんなさん談)そう。
このホテルに限ったことではなく、
スリランカで飲むコーヒー全般が美味しくないそうです。
コーヒー好きの方は要注意です。

8:30 ワゴン車に乗り込み、
仲良し姉妹さん&知的美人さんと合流。
そして、それぞれのホテルの話をしていると・・・

仲良し姉妹さんの部屋では 巨大Gが出現 (゜д゜;)
知的美人さんの部屋では 小さいサソリが出現 (((゜д゜;)))

3人とも「どうしようもないから、そのまま寝た」とのコト。
皆さん、タフ&ビューティーです (・ω・)b
トカゲなんて、たいした問題ではないのだと悟りました。

さてさて、これからスリランカ観光の1番の目玉に向かいます!
[PR]
by akari_s3 | 2012-05-14 23:20 | LIFE
スリランカ たび日記 4
前回に続き、ポロンナルワ遺跡群の観光レポ。

これこれ、コレが見たかった (≧∇≦)
円形の仏塔『ワタダーゲ(Vatadage)』です。

20120512-1.jpg

ワタダーゲの入り口には
ムーンストーンと呼ばれる半円状の石があります。

20120512-2.jpg

「ムーンストーンから先は聖なる場所ですよ」という印。
日本でいう鳥居のようなものでしょうか。
神聖な場所なので、ココでも脱帽・脱靴。

そしてワタダーゲ内には、4体の仏像が鎮座。
表情が穏やかで、なんとも素敵。癒されます。

20120512-3.jpg

ワタダーゲに満足した後は、車で数分のトコロある
『ガル・ヴィハーラ(Gal Vihara)』を観に行きました。
大きな岩を彫って作られた、座像、立像と涅槃仏があります。
涅槃仏は全長14m。

20120512-4.jpg

車に乗り込む前に ガイドさんが
「スリランカ版ポカリ、飲みますか?」と聞いてきました。
何だろう?と思っていたら・・・ こちら。

20120512-5.jpg

ヤシの実の端をスパッと切ると中に たっぷり水が入っていました。
確かに 薄いポカリの味して、なかなか美味しい☆
暑い中、歩きどおしだったので 体に浸透していく気がしますっ

これにて、スリランカ2日目の観光は終了!

ぼちぼち 日が暮れてきました。
センターラインを無視して追い越しまくり、
クラクション鳴らしまくりのドライバーさんの運転で
本日泊まるホテルに向けて 爆走します (`∀´)

どこでも眠れるので、多くは望みませんが
できることなら お湯が出るホテルが良いなぁ(笑)
そんな ささやかな望みを抱いた私ですが、
車は「道の両脇はジャングルですか?」と思うような
何もない田舎道を突き進む・・・
本当に この先にホテルなんてあるのか不安。
お湯どころか 電気すらも怪しいぞ~ (((゜д゜;)))

次回は、2泊目のホテルについてです。
[PR]
by akari_s3 | 2012-05-12 18:55 | LIFE
スリランカ たび日記 3
ダンブッラの次は、ポロンナルワという町へ向かいます!
車で1時間半くらいだったように記憶していますが
ほとんど寝ていたので 記憶が曖昧です・・・ (-д-;)

20120510-1.jpg

ポロンナルワは、10世紀末~12世紀頃
シンハラ王朝がこの国を治めていた時代に 首都だった町です。
当時は南アジア最大の仏教都市として栄えていたとか。
なので、立派な建物だったであろうと思う遺跡がたくさんあります!
町には、当時灌漑用に作られた ため池(と言うよりも湖)があり
現在も人々の暮らしに役立てられています。

20120510-2.jpg

そして ため池の看板・・・ スリランカのシンハラ文字。
くるくるしていて可愛い字です。
が、まっっったく読めません (。-人-。)

20120510-3.jpg

ため池から流れ出る川では、地元の人々が
水浴びをしたり、洗濯をしたりしていました。
手を振ると、笑顔で手を振り返してくれます ( ´艸`)

20120510-4.jpg

のどかで良いですね~。

ちなみにスリランカの若い男性は、総じてスタイルが良い。
川で遊んでいる ごく普通の男の子でも
腹筋割れてます!顔小さいです!!手足長いですっ
目がパッチリだし。 ← 私の3倍くらいありそう
ハァ~ 格好良いわぁ (´∀`*)

では、ポロンナルワ遺跡群に行ってみましょう~ (。・∀・)ノ゛

20120510-5.jpg

いたるところに遺跡があり、全てを見る時間は無い・・
もったいないけど、ツアーだと しょうがないですね。
ぜひ もう一度ゆっくり訪れたい場所です。
[PR]
by akari_s3 | 2012-05-10 10:00 | LIFE
スリランカ たび日記 2
スリランカ旅行の到着初日は
お湯が出ないホテルで寝ただけです。

2日目から いよいよ観光です (o*゜∇゜)o~♪
今回の旅行は、HISのツアーを利用。
GWだし 参加者が多いのだろうな~ と予想していたのですが
参加者は5人でした ミ(ノ_ _)ノ=3
私たち夫婦のほかに、可愛らしい仲良し姉妹と
お一人で参加していた知的美人さん。

6日間のツアー中は、専属ガイドさんとドライバーさんが付いて
ワンボックスカーで移動します。

ホテルがあったニゴンボという都市を出て、
4時間ほど車に揺られ 到着したのはダンブッラという小さな町。

20120508-1.jpg

1つ目の世界遺産に到着です!
って、あれが世界遺産なのか? (-_\)(/_-)三( ゜Д゜) ガクガク

20120508-2.jpg

そこには 新進気鋭のデザイナーが設計したかのような
度胆を抜かれる建物がありました・・・
どうやら この建物は博物館になっているそうで、
世界遺産ではないようです。一安心(笑)

奇抜な建物の横を通り、岩山を登っていきます。
眼下には 見渡す限りの森林が続きます。
いろんな動物もチラホラ。良いところですね~。
ただ、先ほどのゴールデン・ブッダの後ろ姿が可哀相です (T_T)

20120508-3.jpg

階段を昇っていくと、そこに
世界遺産である『ダンブッラ石窟寺院』がありました!

20120508-4.jpg

スリランカでは寺院に入場する際は 脱帽・脱靴厳守。
外国人観光客は靴下をはいている人が多いですが、
現地の人は裸足。私も裸足で歩くことにしました。
太陽に照りつけられた地面は熱い!そして小石が痛い (((゜д゜;)))
でも しばらく時間が経つと、それが心地よくなってくる(笑)
今の日本じゃ、大人が裸足で外を歩く機会なんて皆無ですからね。
この際 存分に裸足ウォークを楽しんでしまえ!

岩山に洞窟が彫られ、内部には仏像や涅槃仏がズラリ。
薄暗い洞窟の中は 怖さは感じず、落ち着いた気持ちになります。
この感覚は 私が(一応)仏教徒だからなのでしょうか?

20120508-5.jpg

これらの仏像は 外から運び入れたのではなく、
洞窟の中で その場の岩から削ったのだそう。

私達から見ると観光地ですが、
現地の人にとっては今も神聖な場所。
多くの参拝客がいらっしゃいました。

スリランカは国民の70%が仏教徒で
信仰心が篤く、皆さん とても穏やかです。
インドやエジプトのように、ガツガツしていないため
観光客に優しい雰囲気です。
土産物屋もタクシードライバーも、声は掛けてくるけど
「No」と断ると すんなり引いていきます。

観光を終え、再びワゴン車に乗り込みます。
次の世界遺産を目指して、GO~!
[PR]
by akari_s3 | 2012-05-08 23:25 | LIFE
スリランカって?!
今回の旅の行き先は スリランカ。
「光り輝く島」という意味なんだとか。

「スリランカに行ってくる」と言うと、たいていの人に
「どこだっけ?」「何かあるの?」と聞かれます。
日本にとって、影が薄い国のようです (ノ_-。)

スリランカ・・・ インドの右下に浮かぶ島国です!
ズームイン朝でお馴染みの ウィッキーさんの祖国ですね。
↑ 若い人には分からないかな?

20120507.jpg

あとは紅茶が有名ですよ~ (・∀・)
ちなみに私の両親は、いまだにスリランカのことを
「セイロン」と言います・・・ ミャンマーはビルマだし (-_-;)

面積は北海道の80%ほどで、
人口は東京都民+埼玉県民と同じくらい。
この小さい島国に、世界遺産が8ヶ所あります!
(文化遺産 : 6ヶ所、自然遺産 : 2ヶ所)
8つの世界遺産全て観光・・・という訳にはいきませんでしたが
5ヶ所は訪れるコトができました。

前置きが長くなりましたが、次回から観光の様子をレポします (。・ω・。)ノ
[PR]
by akari_s3 | 2012-05-07 17:35 | OTHERS


家のこと、好きなモノ etc. 日々の暮らしを綴っています。


by あかり

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
HOUSE
INTERIOR
LIFE
GOODS
FOOD
HEALTH
OTHERS

タグ

(97)
(90)
(66)
(60)
(39)
(37)
(25)
(25)
(24)
(21)
(21)
(19)
(19)
(17)
(14)
(12)
(11)
(11)
(10)
(10)

最新の記事

2015年
at 2015-01-10 15:05
秋の行楽日和
at 2014-10-27 10:25
フランス式なんです
at 2014-10-25 11:55
一石二鳥の写真教室
at 2014-10-06 14:20
バンコク たび日記 2
at 2014-08-22 14:30

BOOKMARKS

以前の記事

2015年 01月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 08月
more...

検索

その他のジャンル

記事ランキング

ブログパーツ

    このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。