タグ:本・DVD ( 39 ) タグの人気記事
理系人間の悩み
10年以上前に 一時ブームとなった「マーフィーの法則」。
我が家の本棚の隅に、今もあります。

20080117.jpg

その中で ふと目に留まった法則がコレです ↓

 理系は、100行を1行にする。
 文系は、1行を100行にする。

これを読んで、妙に納得してしまいました。

マメな更新を心がけている私ですが、記事(文章)を書くのに 結構悩みます。
理系人間の多くは 文章を書くのが苦手なのではないかと(勝手に)思っています。
報告書や論文なら 比較的スイスイ書けるのですが・・・ (-_-;)

そんな訳で、このブログは毎度文章が少なく、
読み応えのないモノとなっております(苦笑)
ときどき意味不明な箇所もあるかと思いますが、
これからも こんな私をどうぞヨロシクお願いいたします。
[PR]
by akari_s3 | 2008-01-17 01:05 | LIFE
風が吹くとき
子供がいない我が家ですが、絵本が数冊あります。
その中でも 大切にしているのが この絵本。

20080112-1.jpg

レイモンド・ブリッグズの「風が吹くとき」です。
定年退職した夫とその妻が、片田舎でのどかに 仲良く暮らしているのですが
自分たちの日常とは離れたところで戦争が起きていて
訳も分からないまま被爆してしまう・・・ というストーリー。

核の怖さをしらない夫婦のやりとりが 微笑ましく、
事態の深刻さと相反する というのが、何とも哀しいのです。

20080112-2.jpg

静かな絵本。
冒頭は色鮮やかなページが続くのですが、
終盤は灰色がかった無彩色に近いトーンに変わります。

実は、中学生のときに 夏休みの読書感想文の宿題で
この絵本の感想文を書き、表彰状をもらいました。
友達には 「絵本なのに、ズルイ」と言われました。そうかも~ (-_-;)
楽して宿題を終わらせよう という、浅はかな考えから手にとった絵本ですが
一生忘れられない絵本となりました。
[PR]
by akari_s3 | 2008-01-12 21:35 | LIFE
ならばマフィン
以前(2007/12/13)の記事で、ベーグル作りを諦めたコトを書きましたが
今日は その続きの話です。懲りずに 続きがあるのです (-_-;)

パン・お菓子作り初心者の私でも マフィンなら作れるかも♪
という楽観的予測から マフィンのレシピ本を購入。

20080106-1.jpg

ベーグル作りに比べたら、はるかに簡単そうです☆
何となく いけそうな予感!

で、早速マフィン型を購入したのですが・・・ 何とっ レンジに入らない Σ(゚д゚;)
正確に言うと、入るのですが ターンテーブルが回らないのです(泣)
サイズは確認したのですが、回転するということを すっかり忘れていました。

20080106-2.jpg

数年後、電子レンジを買い換えるときまで しまっておいても良いのですが
買い換える予定もなく、マフィン型の登場機会はいつになるコトやら。
どなたか テフロン加工マフィン型が入用な方、いらっしゃいませんか?
きちんと活用してくださる方に譲ります!

そして、レシピ本ばかりが どんどん増えてゆく・・・

20080106-3.jpg
[PR]
by akari_s3 | 2008-01-06 18:00 | LIFE
手元に残す本
引っ越した直後から、半年(!)あまり放置していた
段ボール箱を片付けようと、ようやく重い腰を上げました (-_-;)

古びた文庫本が数冊出てきました。

20071218-1.jpg

川端康成の「雪国」と、志賀直哉の「城の崎にて」。
どちらも母が若かりし頃に読んでいた本なので、もう40年ほど前に刷られたものです。
紙は日に焼け、カバーは紛失、シミだらけ・・・

川端康成も志賀直哉も 特別好きな作家でもないのに、
何となく捨てられず、手元に残っています。
久々見つける度に パラパラ読み始めてしまうのですが
昔の文体って綺麗だなぁ~ と思います。

捨てられない文庫本といえば、これ。

20071218-2.jpg

三島由紀夫の「金閣寺」です。
三島由紀夫の小説は どれもなかなかハードな内容なのですが
私の中では これが1番面白く、何度も読みたいと思う本です。

オタクなイメージが定着しつつある私ですが、意外と本も読んでいるのです。
まぁ、圧倒的に漫画のほうが多いけれど・・・ (-"-)
[PR]
by akari_s3 | 2007-12-18 21:45 | LIFE
朝ごパン
いきなり しょーもないタイトルで、すみません・・・ (-_-;)

最近、朝の食卓にベーグルが登場することが多くなりました。
会社からの帰り道 BAGEL & BAGEL があり、ついつい買ってしまうのです。

20071213-1.jpg

卵やバターを使わないベーグルは、低カロリーらしい。
もっちりした食感で、お腹も満たされ
「ベーグル万歳!」といった感じなのですが、少々お値段に難アリ (-"-)
1日の朝食にかかる費用 : 2人×3個=6個 必要 → 約800円。
これに ときどきマフィンを追加したり・・・ (((゜д゜;)))
痛い、かなり痛いです!
1人3個は食べ過ぎなのでは? という疑問もありますが。

そこで考えました。「作れば良い!」と。
そんな訳で まずはレシピ本を購入。 ← 格好(道具)からしか入らないタイプ

20071213-2.jpg

ちょうど、ベーグル・ベーグルが出している本があったので買ってみました。
基本のベーグルの作り方から 応用したもの、
添えるクリームやスープのレシピまで 盛りだくさんの内容です。

読み終えて、気付いたコト。
「パン作りは難しそう」
私には無理なのでは? ・・・と、少々気分が萎え気味です (=_=)
[PR]
by akari_s3 | 2007-12-13 00:50 | LIFE
テーブルクロス
我が家のダイニングテーブルには、大抵クロスをかけています。
無垢の天板にキズや汚れがつかないように・・・ という意味もありますが
1番の目的は、気分転換のため。

堀井和子さんの「26枚のテーブルクロス」という本を読んで
私の中の テーブルクロスの役割が変わりました。

20070927.jpg

この本に出てくるクロスは、全て堀井さんの私物で
且つ 撮影場所は ご自宅のダイニングルームです。
白を基調としたシンプルで優しいインテリアのご自宅。
その中のダイニングテーブルに、たった1枚の布をかけるだけで
部屋の印象がガラッと変わるのです。もう、その変化に ビックリ&うっとりです。

クロスは陶器や磁器のお皿と違って割れたりしないし、しまう場所も取りません。
それほどお金をかけずに、手軽にイメージチェンジを図れるテーブルクロスを
使わない手はない! ・・・と思い、我が家にも取り入れるようになりました。
まだまだ枚数は少ないのですが、ゆっくり 少しずつ好みのクロスを探そうと思います☆

「クロス、汚れるの嫌じゃない?」とよく聞かれますが、気にしていません (-_-;)
(ちなみに私は O型です。)
余裕で、おしょうゆ・ワイン・チョコレート etc. こぼしてます!
クロスは汚れるものと割り切っています。
また、じゃぶじゃぶ洗って 天日に干し パリッとしたクロスを
テーブルにかける瞬間も なかなか気に入っているのです。
[PR]
by akari_s3 | 2007-09-27 01:15 | LIFE
公園に行きたい
大学時代に、課題を製作する際の資料として買った本。
PLAY MOUNTAIN - ISAMU NOGUCHI + LOUIS KAHN -
学生の私には 5,000円の本は痛い出費でした (T_T)

内容はと言いますと・・・
1962年2つの個性がニューヨーク市当局に挑んだ未完のプロジェクト。
ニューヨークのリバーサイド・ドライブ・パーク・プレイグラウンド。
当時58歳の彫刻家イサム・ノグチ、61歳の建築家ルイス・カーンの
5年間に渡る協同制作のドラマを綴った未完のプロジェクトを中心に、
イサム・ノグチのランドスケープの思想・哲学を探る作品集 ・・・です。

20070920-1.jpg

イサム・ノグチとルイス・カーンという、豪華な2人による未完のプロジェクトを
模型や図面、2人の手紙のやり取りなどで振り返っています。

模型・図面が多数掲載されていて、計画の推移を見て取れて 興味深いです。

20070920-2.jpg

このブロンズの模型を見ると、実現していたら・・・ と残念でなりません。
まぁ、実現していたとしてもニューヨークなので
そう容易く見に行けるワケではないのですが (-_-;)

また、イサム・ノグチが手がけたランドスケープ作品や遊具の模型も載っています。

20070920-3.jpg

この本を読んだら、モエレ沼公園に行きたい気持ちがフツフツ。
子供が出来たら、連れて行って 一緒に遊びたいなぁ~。遠いけど。
でもイサム・ノグチの意思を酌むと・・・

これは大人の世界ではない。
背丈90cmの人間が走り回る世界なのだ。

・・・だそうで、160cmの私にはもう似合わない世界のようです (T_T)
[PR]
by akari_s3 | 2007-09-20 13:05 | LIFE
ミニマリズム
こちらも 私のお気に入りの本です。
タイトルは「ミニマリスト インテリア」。当然 日本語版です・・・

20070827.jpg

ミニマリズムの定義は、正直 私にはよく分かりませんが・・・
前書きによると ミニマリズムとは「建築を削ぎ落としていく過程を 空間、光、
フォルムといった基本的なコンセプトに落とし込むことによっている」
そうです。う~ん??? 小難しいコトは さら~っと読み流してます (-_-;)

もとは洋書ですが、掲載されている住宅26棟のうち
日本人が設計した日本の住宅も4棟 入っています。
海外の住宅も、日本人の感覚とそれほどかけ離れておらず
家づくりやインテリアの参考になります。

白っぽいスッキリしたインテリアや住宅を好まれる方、
シンプル・モダンがお好きな方には、オススメです☆
ただ、生活感が無さ過ぎて どうやって暮らしていくの?と
少々心配になります。 (← 余計なお世話)
[PR]
by akari_s3 | 2007-08-27 20:45 | INTERIOR
骨太なインテリア
前回の記事に続き、今日もインテリア関連の本の話。
この本も翻訳版です。タイトルは 「modern natural」。

20070822.jpg

この本は、北欧モダンのような
白木の持つ温かさが前面に出る優しいインテリアとは異なり
結構ガツンと 骨太なインテリア(?)が満載です。
木・石・皮 etc. 様々な自然素材の色と質感を上手に組み合わせていて
とても楽しめるのですが、真似できないなぁ~、という感じ。

外国の住宅のインテリアだからかと思いますが、
ショップのディスプレイではあまり見ないタイプの 迫力&個性的なコーディネートで
眺めていて面白い本です。
[PR]
by akari_s3 | 2007-08-22 08:50 | INTERIOR
インテリアのテイスト
友人に、ショールームや家具屋で・・・ ときどき聞かれる、インテリアのテイスト。
結構いろんなトコロで「どのようなテイストが好みか?」と聞かれます。
う~ん・・・ 実はコレといって、ハッキリしたものを目指していないので
毎度 返答に困ります (-_-;)

家づくり系(?)ブログにお邪魔していると、
割と みなさん「○○○な家を目指しています」というような
明確なヴィジョンを持っていて、スゴイなぁ~・・・と感心している私です。

決まって購読している雑誌等はありませんが、
書店で パラパラとページをめくってみて、良いなぁ と思うと
インテリア関連の書籍や雑誌を買います。
私が気に入って、よく眺めているのは これです。
北欧モノ、木のぬくもりが感じられるインテリアがお好きな方にはオススメです♪

20070820.jpg

洋書を翻訳した書籍です。表紙に日本語が入っていないのが嬉しい!
英語が苦手な私は、洋書にあまり手を出しませんが
この本は、翻訳されているので 写真だけでなく本文も参考にできます。
アアルトやヤコブセン、ウェグナーはもちろん、
ボーエ・モーエンセン、フィン・ユール etc. もう北欧家具の名作目白押し!!
写真はどのカットも素敵で、憧れます。
・・・というコトは、私の好きなテイストは「北欧モダン」になるのでしょうか。
[PR]
by akari_s3 | 2007-08-20 19:35 | INTERIOR


家のこと、好きなモノ etc. 日々の暮らしを綴っています。


by あかり

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
HOUSE
INTERIOR
LIFE
GOODS
FOOD
HEALTH
OTHERS

タグ

(97)
(90)
(66)
(60)
(39)
(37)
(25)
(25)
(24)
(21)
(21)
(19)
(19)
(17)
(14)
(12)
(11)
(11)
(10)
(10)

最新の記事

2015年
at 2015-01-10 15:05
秋の行楽日和
at 2014-10-27 10:25
フランス式なんです
at 2014-10-25 11:55
一石二鳥の写真教室
at 2014-10-06 14:20
バンコク たび日記 2
at 2014-08-22 14:30

BOOKMARKS

以前の記事

2015年 01月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 08月
more...

検索

その他のジャンル

記事ランキング

ブログパーツ

    このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。