タグ:本・DVD ( 39 ) タグの人気記事
写真の撮り方
素敵だなぁ~ と思うブログやホームページは、
「写真の撮り方が巧い」というコトに気が付きました。
明るすぎず、暗すぎず、構図も格好良い。

私の撮った写真はと言うと・・・ もう泣きたくなるようなモノもチラホラ。
それでも開き直って公開してます。センスのかけらも感じられません (-_-;)

どうしたら綺麗な写真が撮れるのだろう?と、
本屋やネットで情報収集していたら、見つけました!とっても素敵な写真講座。
フォトエッセイを読みながら、雑貨と料理の撮り方を学べるテキストと、
自分の撮った写真で作れるポストカード用紙と
アコーディオン写真立てのカルトナージュ工作キットがセットになっています。

20070808.jpg

テキストが「教材」と言うよりも「写真集」のようで いつまでも眺めていたくなります。
もちろん内容も充実していて、素人の私には十分な内容量です。
綺麗な写真が撮れたら、カレンダー作りとカルトナージュに挑戦しようと思います☆

これから、勉強して格好良い写真を撮れるように頑張ります。
しばらくしてブログの写真に変化が見られない場合は、
「あ~ぁ。断念したんだな」と、こっそり思っていてください・・・
[PR]
by akari_s3 | 2007-08-08 13:45 | LIFE
料理のコツ
意外かもしれませんが・・・ 料理関連の本を「読む」のが好きです。
写真を眺めて満足して終わるという、性質の悪いタイプです (-_-;)

なので我が家には、結構多くのレシピ本や料理に関するエッセイなどがあります。
たいていの本は「美味しそうだなぁ~」と眺めて終わるのですが
稀に「ためしてみよう!」という気になるコトもあります。

読んでいて試したくなる小技が満載なのが、小林カツ代さんの「料理上手のコツ」です。
オール白黒で、料理の写真は一切ないのですが・・・
「なるほどね~」「え!そうなの?!」 etc. 面白くて、スイスイ読めちゃいます。

20070726.jpg

ちょっとしたコツがイロイロ書いてあります。例えば・・・
・枝豆のとびきり美味しいゆで方
・貝のお味噌汁には隠し○○を入れると、味がアカ抜ける
など。「どんな方法なの?」と、気になりませんか(笑)?
時折 超簡単レシピも書いてあって、なかなかお役立ち本です。
[PR]
by akari_s3 | 2007-07-26 09:35 | LIFE
自分なりのしまい方
先日 収納の記事をアップしましたが、
私はあまり“合理的な収納”に興味がありません。
余ったスペースを工夫して収納スペースに充てよう、と思うコトが ほとんど無いのです。
TVや雑誌で紹介される収納テクニック(?)や実例を見ても
「使いづらそう」「住みにくそう」などと思ってしまいます。

確かに、使われていなかった空間が収納スペースになることは嬉しいです。
しかし 何もない空間=無駄な空間 ではないと思います。
ぽかんと空いた空間があることによって生まれる
演出効果、精神的ゆとり etc. がある気がします。

そんな私が共感し、何度も読みかえしている
堀井和子さんの「収ったり、出したり」という本。

20070725.jpg

ところどころに出てくる堀井さんの自宅の写真がとっても素敵です!
カゴや本の飾り方が とってもセンスが良く、憧れます。
私はモノを飾るのが下手なので、ひたすら隠す収納に徹しますが・・・ (-_-;)
「ダイニングからの眺めを優先するために、洗濯物はベランダに干さない」
なんていう、お洒落に暮らすには そこまで徹底するのかぁ~ という
堀井さんならではの 驚きのこだわりもポツポツあります・・・

暮らす上で優先させる順位は人それぞれなんですね。
見た目を優先させたがゆえに、多少不便な収納方法になっても
住んでいる人がその状況を受け入れて満足していれば、
どんなしまい方でも良いのだと思います。
[PR]
by akari_s3 | 2007-07-25 09:45 | LIFE
私の作る料理
あまり公の場で堂々と言えるコトではありませんが
私は料理があまり好きではありません・・・ (-_-;) あまり、というよりも全然。
「苦手」な訳ではなく、好きじゃないのです。
念のため(?)言い訳させていただきますが、
失敗して不味い料理を作るコトはほとんどありませんよ~!

私の作る料理は、いつも決まった味です。
なぜなら、必ず料理本を見ながら きちんと計量して作るから。
どんなに回数を重ねても、簡単なおかずでも 本を見ながら作ります。
なので、私には簡単なレシピ本が必需品です!

そこで、究極に簡単なレシピ本が大活躍。その名も「100文字レシピ」!!

20070718.jpg

タイトル通り、一品 100文字で説明できるレシピです。かなり使えます♪
簡単に作れて美味しい料理が満載で
身近な材料ばかりを使っているのも、好感が持てます。
ただ文庫本サイズなので、調理中はやや読みづらいです・・・

ちなみに料理好きのだんなさんは、本など読まずに勘で調理します。
計量も当然「目分量」。私とは正反対の調理法です。
大抵美味しいのですが、ときどき よく分からない新技(?)を試して
とてつもなく不味い炒飯を作ったりもします・・・ (-"-)
[PR]
by akari_s3 | 2007-07-18 00:30 | LIFE
よく買う雑誌
毎月欠かさず買う・・・ というわけではありませんが、REAL SIMPLE をよく買います。
シンプルに暮らすための小ワザ等がいろいろ紹介されていて、参考になります。

20070621.jpg

最初 読んだときには「読むトコロ少なっ!」と驚いたものです。
でも気負わず、さらっと読むには適当な文字数だなぁ~ と思うようになりました。
文字数が少ないので、紙面のレイアウトもすっきりしていて 好感が持てます。
何より写真が綺麗!
料理写真がとても素敵で、食器や盛り付け方も勉強になります。
そして そこらへんに置いてあっても、雑多な印象にならない表紙が◎。
[PR]
by akari_s3 | 2007-06-21 00:10 | LIFE
便利な一冊
我が家、家づくり中いろいろ本を読んでいましたが
その大半は写真集のような本や雑誌で、「読む」というよりも「見る」ものでした。

なのでローンの仕組みや地鎮祭などのしきたり(?)については、全く知りませんでした。
でも、施主としては現実的な諸事情も把握しておかないとなりません・・・
そこで購入した1冊が「家づくり究極ガイド 2006-2007」です。

20070619.jpg

設計・工事が進んでいくと、いろいろ調べたい事柄も増えてきますが
これ1冊あれば大体 事足りたように思います。

家づくりの流れに沿った構成になっていて、
知りたいコトが 分かり易い言葉で説明されています。
また表やイラストも見やすくて親切です。
これから家づくりを考えている方にオススメです。
[PR]
by akari_s3 | 2007-06-19 22:30 | LIFE
そうじ方法を見直す
以前、ホームページの日記にも書いたのですが
新居に越したら実践しようと思っているナチュラルクリーニング。

ナチュラルクリーニングとは、
重曹と酢、石けんを使って汚れを中和・分解させる掃除方法で、
合成洗剤を使わず、自然素材で綺麗にするのです。

私が参考にしている本は こちら。「重曹生活のススメ」です。
とても分かりやすく、詳しく説明してくれています。

20070610.jpg

このナチュラルクリーニング、極めれば重曹・酢・石鹸だけで家中のそうじが出来るのです。
人にも地球にも優しい上に 掃除道具が場所を取らないなんて 素晴らしい!

住居用洗剤って、キッチン・浴室・トイレ etc. 場所ごとに分かれていて
気が付くと大量の洗剤類が収納スペースを占めていたり・・・
また、どうにもパッケージデザインがイマイチなので 奥にしまいがちですが、
ナチュラルクリーニングを実践すれば、住居用洗剤が家から姿を消します。
(環境のため・・・というよりも、自分のため?!)
それは嬉しい。
[PR]
by akari_s3 | 2007-06-10 01:50 | LIFE
参考にした本
私は本屋が好きで、会社帰りや週末は本屋をフラフラすることが多いです。
女性が多く立ち読みしているファッション雑誌や料理本のコーナーは素通りし、
住宅・インテリア関連のコーナーへ向かい、あれこれ物色。

我が家の家づくりも終盤に差し掛かってきたので、
当然のことですが 既に間取りも、仕上げ材も設備機器も決まっています。
なので 目移りしないように、最近は住宅雑誌を読むのを控えています。
それでも やっぱり気になって、立ち読みしてしまうのですが・・・

私が家づくりで1番参考にした本は「新しい住まいの設計」です。

20070607.jpg

カラー写真が多く、パラパラ眺めるだけでも見ごたえアリで、
掲載されているお宅の家そのもの、そしてインテリアも系統が好みなのです。
「なるほど~」と思うプランや材料の使い方、収納方法等が発見できたりして
なかなか面白いです。
[PR]
by akari_s3 | 2007-06-07 00:20 | LIFE
建築家の建てる家
最近 繰り返し読んでいる本があります。
それは「宮脇檀の住宅設計」という本です。

20070603.jpg

数多くの作品がありますが、とりわけ個人住宅の設計を得意とした
故・宮脇檀氏が、住宅設計をする際に熟考した項目、留意した点等が
詳細な図面や写真とともに解説されています。
「建築家はそんな細かいコトまで考えて、家を造るのかぁ~」と驚かされます。

建築家の建てる家 ≒ 奇抜で住むのはチョット・・・ という偏見があるように思いますが、
考え抜いてデザインされた家は、見た目だけではなく
使い勝手も良いことが うかがえます。

図面はかなり細部の取り合い、仕上げ方法を描いているモノが多く
図面に慣れていない方には「?」となることもあるかと思います。
建築学科を卒業したハズの私も「・・・???」となりました。
(↑単に勉強不足なだけなのですが・・・)
しかし 文章は非常に読みやすく、説得力があります。
また 宮脇氏の設計した住宅の写真は、今見ても素敵です。

これから家づくりを始める方、
特に「建築家と家を建てたい」と思っている方にオススメです!
もしも書店や図書館で見かけたら、是非 読んでみてください。
ただ万人ウケするような本ではないので、目次をさらっと見てみてください。
[PR]
by akari_s3 | 2007-06-03 02:35 | LIFE


家のこと、好きなモノ etc. 日々の暮らしを綴っています。


by あかり

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
HOUSE
INTERIOR
LIFE
GOODS
FOOD
HEALTH
OTHERS

タグ

(97)
(90)
(66)
(60)
(39)
(37)
(25)
(25)
(24)
(21)
(21)
(19)
(19)
(17)
(14)
(12)
(11)
(11)
(10)
(10)

最新の記事

2015年
at 2015-01-10 15:05
秋の行楽日和
at 2014-10-27 10:25
フランス式なんです
at 2014-10-25 11:55
一石二鳥の写真教室
at 2014-10-06 14:20
バンコク たび日記 2
at 2014-08-22 14:30

BOOKMARKS

以前の記事

2015年 01月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 01月
2013年 08月
more...

検索

その他のジャンル

記事ランキング

ブログパーツ

    このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。